「財形」(ざいけい)という仕組があることは知っていても、自分が利用できるのかわからないし、どれくらいお得なの?と思っている人も多いですね。

はたらく人のお現場が、金融機関と提携して、報酬や賞与から天引きで儲けを蓄える仕組だ。勤め人や、公務員、仕事場が認めれば、非常勤、部品でも利用出来ます。

残念ながら、事務所幹部や自営業方は対象外。「勤め人」でも現場が仕組を導入していなければ利用出来ません。

儲けを蓄えるなら、銀行の貯蓄でもいいはず。でも、財形という仕組があるのは、勤める人にメリットがあるからだ。

■550万円まで非課税
ふつうの貯蓄だと金利の20%※が課税されて、引かれてしまう。ところが、わが家財形と、年値段財形は、合算して元利総数550万円までが非課税!金利がもっぱら手元に残ります。

■保険でも非課税
財形は貯蓄だけでなく、保険でも儲けを蓄えることができます。こういう「保険種類」は、わが家財形が入金掛け金トータル550万円までが非課税。年値段財形は、入金掛け金385万円までが非課税だ。

■全般財形は?
全般財形は、貯めた儲けの作用に制限がないので、ツアーや自家用車取得、結婚などにも使えます。そのかわり、ふつうの貯蓄と同じように金利は課税され、非課税ではありません。

財形のもはや1つのメリットは、財形貸与仕組があることだ。全般、わが家、年値段いずれかの財形貯蓄をしていれば、貸与仕組を利用する事ができます。

■財形わが家貸与
財形貯蓄を1年限りしていて、残金が50万円限り居残る人が、残金の10ダブル(絶好調4000万円)まで、わが家入手に必要な儲けの80%まで借りる事ができます。duoクレンジングバームを買える店舗はココ!

コミック喫茶のサクラ。それがわたしの業務。今にもつぶれそうな寂れたコミック喫茶で、顧客のふりをしてコミックをよむ。そしてときおり楽しそうに笑う。

 ガラス越しに見た人たちは売り込めるように入会社し、会社はたちまち大勝利。そういう意識で雇われておる。

 時給は三百八十円。収入は安いけど、コミックは読み放題だし、飲み物も呑み放題。こんなにもおいしいパートは他にない。

 だから今日も嬉々として、オートマチック入口の前に立つ。

 あぁ、望ましいなぁ。

 今日も嬉しいパートの由来です。。

 山口奈津ちゃんは、自然栗色のヘアをたえず一本で束ねている小顔つきのエレガントです。

 私は旦那に挨拶をした。

 感情でこう言って──

『おはようございます』

 すると旦那も挨拶をしながら、笑顔で答えてくれた。

「いらっしゃいませ」

 ……あれ?

 いや、山口ちゃん、そこまで完遂しなくても……。

 山口ちゃんはレジ専属で、あたいは顧客のふりをするサクラ専属。業種は違うけれど、おんなじ現場のそれぞれですことに変わりはない。一礼くらい普通に交わしても良さそうな存在なのに。

 でもまぁ、『敵手を欺くにはまず腹心から』って物言いも居残る。

 あぁ、山口ちゃんは若いのにたっぷりしてるなぁ。

「お席順はどうしてなさいますか」

 旦那が言った。エターナルラビリンスの口コミ体験談

端末の用法はわからない。タバコは吸わない……だけでなく煙にむせる。

 だからいつも、「コミックの禁煙席順」を選ぶ。

 一際レジやその側の飲み物バーのマシーンから遠い席順だと美味しい。できるだけ方が落っこちるら。そのほうが落ち着く。

「コミックの、禁煙席順でお願いします」

「ゴメン。コミックの禁煙席順、埋まっちゃってるんですよ。ウェブサイトの禁煙席順だったら空いてますけど」

「あっ、ありゃ、そういう……困ります。私、端末使えませんから!」

「大丈夫ですよ。ウェブサイト席順って言っても、目の前に端末がいらっしゃるだけなんで。コミック読んじゃってて、何一つかまいませんよ」

「やっ、でも、それじゃあ宝の持ち腐れっていうか、あの……」

 山口ちゃんは口元に秘訣をあてて、ククッと笑った。

 あぁ、旦那とわたしの連絡がこんなにたどたどしいのは、合計芝居の力不足です。くれぐれもわたしのコミュニケーション能力に問題があるわけじゃないんだ。だから既に、こうした秘訣のこんです芝居はやめようよ。

 山口ちゃんは早急に私に勘定を譲り渡し、私は早急にこういう場を離れ、業務の持ち場にたどり着く。そうするのが二人にとって最高峰いいんだ。だから、早急に……。

 ──って、あれ?

 さっきの笑みとは打って変わって、今度はきっと困ったという顔つきをして山口ちゃんがあたいを見ている。

「三百八十円……」

 旦那が言った。

 旦那はどうも、私の時給の言及を目指すらしき。

 必ずやわたしの時給は、旦那より全然低い。だけど、私はこういう業務が愛する。ちゃんと時給のところなんてまるで気にしていない。

「あの……」

 ……うん。

「三百八十円……」

 ……だからほんと、山口ちゃんも──

「前金になります」

 ……気にしない──

「あなた、本質対価、三百八十円、前金になります」

 旦那は二度と、今度は敢然と物言いを区切りながら言った。

 私は口座の中から三百八十円を引き出し、トレイの上に置いた。

 百円玉三枚と十円玉八枚、ぽっきり置いた。メンズTBCのひげ脱毛の体験談はこちら

秋の遠足の場合、心臓の小さい彼は途中から担任のレディースの教官に負ぶわれ、青白い顔を日に日に青くしていた。息吹も荒く、辛みたいだった。誰もがぱっとまぶたを逸らしたが、こちらは見ていた。

 その後もおんなじ公立中学校に上がったがおんなじ課程にならなかったので彼のことを見極めることは少なくなり、また彼の名前を誰かから訊くということもなかった。

 ところが中学校3年生の起こる放課後、忘れ物をして教室に戻ると、彼の名前を口にし風評話をする同級生の旦那ふたりがいた。こちらは教室に混ざるのを躊躇って、食材来た道を引き返した。

「霊が思えると言っては人の思いを引こうとやるらしくてさ」

 その時聞こえた彼に関する風評を3太陽ほど思いにし続けた。

 

 3太陽経った後、こちらは今の彼が見てみたいと思った。すれ違う事件くらいあっただろうに忘れていた彼が此度どんなふうに成長しているのか、それを知りたかった。

 彼がいつの課程なのかは、風評話を聞いてしまった時に「何班の誰々って……」と言っていたのを聴き、知った。

 昼休みを選んで、至高コーナーの自分の教室から裏手のコーナーの教室です、彼の要るはずの教室に向かってこちらは歩いた。

 彼の教室の前に届くと、開いたままのドアから彼を探すまでも無く、彼は教室から勢い良く飛び出して現れるゾーンだった。

 こちらよりも身の丈のちょっぴり酷い彼が、立ち止まってこちらを見上げた。

 彼の髪は明らかに自分でセットしたのではなく誰かにやられたのであろう、前髪のうちのほんの一部だけが整髪剤で上方に向かって固められていた。

「妖気。妖気」

「まじ、乗り越える」
ナースフルはこちらから!

玄関を押して中に混じる一瞬、振り返るとそこには飲み物バーのマシーンがあった。レジからも近かった。

 ……不満ですなぁ。あんな席順不満ですなぁ。

 ニートで常々コミック喫茶に通ってるのが恥ずかしいからって、サクラのパートだと思い込もうとした私、不満ですなぁ。

 思い込もうとして、必ず思い込んじゃってた私──

 不満なのを通り越して、もうそろそろ、いよいよしないと、大変かもしれない。

 個室の玄関を閉め、椅子に座った。

「はぁー」

 ……コミック喫茶でパートしようかなぁ、ふつうに。

 例えば旦那みたく。山口奈津ちゃんみたく。

 昼間ごろ起きて、朝食兼昼食を食べ、昼間ドラとワイドショーを幾らか観てからここへ加わる。すると旦那は、概して常々レジカウンターに立って掛かる。

 最初八歳くらいに言えるけど……

 高校か?

 教え子か?

 だけど四時代前にもう仕事をしているということは、生徒では乏しいのかもしれない。

 ということはニート?

 あぁ、でもそういえば、世間では今は夏休みの一時ですっけ。それじゃあ、もちろん生徒って可能性もいらっしゃる。

 いずれにしても、旦那があたいよりうんと適切輩であることは律儀です。

 二十三歳、ニート、常々コミック喫茶通いの私よりは。

 およそ、モテるんだろうなぁ。

 笑みが素敵だし。

 働き者だし。

 ……

 山口ちゃんについて考えていたら、席順に着いてから、とっくにOKが経過してしまった。

 コミック喫茶は時との反発です。本質対価のみの時給で、どんなに大量のコミックと飲み物を呑み、掴むか。

 ……と言っても、棚に並んでいるコミックは、乙女コミックも少年コミックもすでにざっと読みつくしてしまった。

 インターネットでも決めるかなぁ。

 どうにか目の前に端末があることだし。

 用法、わかんないけど。リンリンの脱毛効果は抜群にいいですよ!

こちらは、彼に何か動画をかけようと思った。こちらにいく手段を阻まれる形で立ち止まり、固められた髪を下を向いてぐしゃぐしゃに掻く彼に何か優しい言葉を。

「あのさ」

 こちらは言った。

「わたしのマミーも、霊、感じるんだよね。おんなじだからさ、気にする事件弱いよ。前年、うちの学年の子どもが親父を亡くしたでしょ。担任の教官からそれを聞いて家に帰ってそのことをマミーに伝えようとしたら、とうにマミー知ってたんだよね。でもその知ってたっていうのがあやふやで胡散臭いの。ほんと、笑っちゃうくらい面白いんだ。マミーが水を飲もうとしたらグラスの顔に性別の思い付か顔が、こうした」

 こちらは、親指と人差し指で豆粒を差し込むようにして、彼に見せた。

「あんなちっちゃな顔がグラスの顔に映ってたんだって。何か言いたげだったけど、喉が乾いてたから飲んじゃったって。でもきっとその死んだひとが何か告げに来たのねって言ってた。もしもし、任せる? こちらは信……」

 そのときにはじめて彼がこちらを正面から見た。

「お前さ、小学生の内から、何故自身を見る都度睨むの? きもいんだけど。それにお前の女、昔っからもっとキチガイだろ。大笑い宗教に入ってんのも、坂の上の有名な病舎に通ってんのも、知らない人はいないよ。そこまでいじりづらいと」

 そこで彼は言葉を区切った。

「いじめられなくていいよな」

 自分がいじめられていることを聞き入れることになるのが恥ずかしいというように、吐き切り捨てるようにその言葉だけ早口に言った。

 そこで初めてこちらは、ドアの内側の教室メンタルが静まり返っておることに気づいた。彼の教室。わたしの教室ではないけど、それをこちらは恐いと思った。

 わたしの注意がそれに向いているうちに、彼は今やこちらに身の丈を対し道を歩いていた。たいてい便所へ向かって髪を正すのだろう。

 彼の背中を見ながら、わたしの頭の中にはたくさんの言葉が思い浮かんだ。見ていないのに。小学校のあの内はちゃんと見ていたかもしれないけど、後終始気にかけてもいなかったはずなのに。なぜ彼はこちらが見ていると、睨んでいると思ったのだろう。彼を見ていたのは、こういうこちらでないとしたら何方だろうか。

「もしもし! それって生き霊かな?」

 10メートルほど先まで行った彼の後ろ姿に向かって言った。

 小学生のときに彼を気にかけすぎてしまったから、いまだに彼の元にはわたしの念感じが在るのかもしれない。

 振り返った彼は、こちらに向かって「ごめんなさい」と言った。

「自身更にそういったの暗いから」

 こちらはその時、自分が泣いて掛かるということに気がついた。

「ごめんなさい」

 彼が二度と言った。

 その外見ははなはだ悲しみたいだった。アヤナスはドラッグストアで売ってるのか!?

彼と、同級生とが何度も交わすそのチャットはお互いに割り当てられたコピーを繰り返しているだけのように思え、誰も彼を怒鳴るような意味合いで「虚偽です」というヒトはいなかった。中にはブレイクタイムにのぼるたびに彼のそばに言っておんなじことをいうヒトもあった。

 連中は、物珍しい人間のそばにいたい、その想いを満たしているに過ぎなかった。

 こちらはその雰囲気を四隅の会合から、見ていた。

 しかし、彼が編入してきて10太陽くらい経ったある日から、彼と連中との意図フィットのチャットは、何だか不能となった。

 「そういうことを言うのは閉めなよ」

 それは、同級生の誰かの親か教官か、大人の間接的執り成しを空想できる実態だった。

 それまで唯一の保ちネタだった心臓病気であるという講話のネタが使えなくなった彼は、急に口数が小さくなった。前に住んでいた福岡県内がこっちと違ってどれほど在所かということを笑い話にしてみたところで、それは誰の関心を退くこともできなかった。われわれのほとんどは出生も成長も都内のすぐそばで、それでも都民ではない結果、在所よりも常に都内に憧れを抱いていた。その証拠に、休日開けに週末は親に連れられ大都市のあちこちへ行ってきたという話をする子どもの近辺には自身が集まった。

 誰にも話しかけられなくなった彼と、ケアのクラブが同じになった場合、こちらはどうにか彼に打ち明けた。

「心臓病気って本当なの?」

「ホンマだよ」

 箒を持ちながらのそのチャットは一もの一答で終わった。でも彼は心なしか嬉しそうに見えた。

 その後もこちらは、彼が同級生たちの至急初々しい戦い機を買ってもらってもう一時的な名物になったり、流れが退くように引いていう人の中で残る戦い好きな子どもたちと数人の業界を形成したりという、課程での彼の不安定な立ち配置を見晴らし続けた。ココマイスターの財布を買うならこちら